友達と親友の違いは〇〇です。簡単な定義で線引きできます。

マインド的な人間関係

手を差し伸べてくれる友達はいますか?

“人脈を広げたほうが良い論”ってどこから生まれたんだろうね。えーっと、知り合いが多いか少ないかで言ったら多い方が便利なことがあるよねっていうのは事実だと思うんですよ。ただ別に知り合いが多いからといって本当に必要な時に助けてくれる人がいるかどうかは別の話だったりするんですよね。

友達はいっぱいいるんだけど、すげー困ってる時に助けてくれないっていうパターンもあるわけじゃないですか。

僕、友達と親友の違いって何か僕が犯罪を犯した時に黙って1日泊めてくれるタイプは親友だと思ってるんですよ。要は自分と関わることで何らかのリスクがあったとしても、「しょうがないよね」って受け入れてくれるタイプの人。

たとえば金持ちであるとかイケメンであるとかってメリットがあるから人は近づいてくるじゃないですか。なので、そのメリットがある範囲なら近づくんだけど、「あ、この人と関わるとデメリットがある」って思うとサーって人は引いていくんですよ。

それって友達とか知り合いなんです。要は本当に困った時に頼れない人なんです。なので友達とか知り合いが多いかどうかより、自分と付き合うことにリスクがあるとしても、そのデメリットも受け入れてくれる人が多いほうが、何かあった時に助かるんですよ。

自分のために「損」してくれる友達はいますか?

一般的には家族って、たとえば母親って自分の息子がどんなクソ野郎で犯罪者だとしても息子を守ろうとしたりするじゃないですか。三田なんとかさんみたいな次男が覚せい剤で2回捕まりましたみたいな人でも、それでも息子は息子なんでみたいな。

っていうので血が繋がってると割とデメリットがあっても関係を続けるっていう覚悟のある人は多いんですけど、割と友達でも覚悟を持って繋がってくれる人もいるので。なので、そういう親友と呼べる人を作るっていうのも重要なんじゃないかと思いますけどね、はい。

ちなみに金さえあれば友達いくらでも増えますよ。配ってればどんどん友達増えてくんで。なので友達多い自慢ってアラブの石油王とかと張りあったら絶対勝てないんですよ。アラブの石油王がそこら辺のクラブに行って「もう全員おごりだー!お前ら俺の友達な」って言ったら「イエース!」みたいになるじゃないですか。なので友達多い自慢って基本的にはあんまり意味ないんじゃないかと思うんです。