頭の悪い人ほど自慢するんですよ、残念ながら

マインド的な人間関係

プライドって必要ないですよ

プライドは必要ありません。頭の悪い人ほどプライド高いんですよ。要は自分に何もない人ほど自慢できることが無いのでどうでもいいことを自慢します。日本人であることとか。でも日本人であることって、父親と母親が日本人なだけであなたが何かをした成果では全然ないんですよ。

で、その日本人であることを自慢するのって、例えばじゃあその人が30歳だとすると30年間自慢できることが何もなくて30年前にお父さんとお母さんがエッチな事をして生まれたっていうことを自慢してるんですよ。「お前の30年間ってマジ何も無いの?」って話なんです。

でも自慢できることが無い人ほど、人種であるとか血統であるとか親が金持ちであるとか、すげーどうでもいい事を自慢するんですよ。なので基本的にはそのプライドが高いから自慢しなきゃいけなくなって、そういうこと言うんですけど。

誇りを持たないと自分を正当化できない

それよりも「俺本当に自慢できること何もないっす」って言ってる人の方が好感度高くなるんですよ。なので必要なプライドっていうのは、僕はそもそも無いと思うんですよね。でも頭の悪い人ほど「必要なプライドがある」という事にしたいんですよ。要は自分のやってることは正しい、なので自分の持ってるこのプライドを説明することは正しいことであるって思い込みたいんですけど「頭悪いよね」って周りの人は見てると思います、残念ながら。