会計の知識があると必ず得します。“投資”と“費用”の違いくらい理解してください。

知らないと損する話お金の話,世の中の仕組み

社会人なら持っておくべきお金のスキル

会計の知識って持ってると割と得だよねっていうのちょこちょこ言ってると思うんです。別に「就職しないで生活保護で暮らしていきまーす」とかであれば全然いいと思うんですけど、社会で活動しようとすると会社がいかに儲かるかっていうのが結構大事だったりするんです。

要は会社が儲からなかったら給料も出ないので。「会社ってどうやって儲けるの?」っていう会計の知識は結構大事だったりするんですよね。“投資”と“費用”の違いを分かってない人けっこう多くて。

同じ3000万円の買い物でも価値が全然ちがう

金持ち父さん貧乏父さんって本もあると思うんですけど、例えばスゲーかっこいい車を3000万円で買いましたと。超かっこいいフェラーリ3000万円。それと3000万円のマンションってお金を払うという点では同じなんです。でもマンションの場合って他人に貸すと金が沸くんですよ。要は家賃収入とかで毎月お金もらえるじゃないですか。

でもフェラーリって残念ながら置いといても管理コストが掛かったりとか、じゃあ「フェラーリ貸すよ」って言っても別に一回貸してせいぜい数万円たまに貰えるかどうかで基本的にはどんどん価値が下がっていくんですよね。

っていうのがあって。“投資”なのか“費用”なのかっていうのは結構重要な概念なんですけど、そこを割とちゃんと考えてない人が多くて。

簿記の概念がある人と無い人では見る世界がちがう

簿記の概念があると「これは投資だよね」「これは費用だよね」って分かったりするので、会社の中でも「費用になる形で物を買おう」とか、「投資になる形で投資をしよう」とか、そういうことを判断できるようになります。

例えば「プログラムを作らなきゃいけないよね」っていう時、中小企業の場合は外注費という形で払って費用で落として税金が掛からないようにした方がいいんですけど、上場企業の場合は逆にそこを“費用”で落とさないで“研究開発費”という形でソフトウェアを作ってもらって、それを買い取るという形で“会社の資産”という形にしたほうが、会社のバランスシートが綺麗になるんですよ。

例えば100万円でプログラムを作りますと。売上100万円の会社で100万円のプログラムを作りましたと。その場合って売上100万円をプログラマーに100万円払って、売り上げ100万、出てったお金も100万円。なので±ゼロで税金かかりません。手元にプログラムだけ残りました、良かったねって話なんですけど、これが“研究開発費”って形でプログラム作成をお願いしました、100万円のプログラムを買いとったので売上100万円が100万円のプログラムに変換されました、だから会社としては100万円は減ってなくてプログラムに変換しただけですよっていうのを上場企業はやりがちなんですよ。

でもそうすると100万円で払ってるんだけど実際問題その100万円全部が税金にならなくて、そのプログラムを10年間使うとすれば20万円分だけ減価償却して80万円に対しては会社に残ってるから、その半分の50%の40万円は税金払ってくださいねーみたいな感じで法人税払うみたいなことがあるんですよ。

>>減価償却費とは|「そもそも減価償却って何?」図入りで分かりやすく|経理コンパス

上場企業の場合は「お金は出てってなくて、うちの会社の資産になってます」っていう形にして株価を維持するメリットがあるので、わざと税金が高くなるような計算をするんですよ。

この感覚って簿記の感覚を持ってないと分からないので、中小企業で働いてる場合は費用でやった方がいいんだけど、上場企業の子会社とかで働いてる場合は研究開発費にしたほうが得だっていうことを瞬時に判断できるかどうかのスキルは簿記の知識があるかどうかだったりするので、そういうのは分かっておいた方がいいと思います。