日本のデジタル化の遅れはバカに合わせてるからです。

世の中お金の話,世の中の仕組み

勉強しない人に合わせるので、勉強する意味がない

平等というか一番下の人に合わせることが当たり前だと思ってるせいじゃないですかね。例えば持続化給付金の申請とかも「Webで出来まーす!」ってなったんですけど、「インターネット使えない人もいるよね?」みたいな感じで、じゃあ手紙でするとか FAX でするとか逆のこと始めちゃうっていう。

要は何かやりたいんだったら「インターネットを使えるように学習してください、学習能力のない奴は周りに自分でお金払って頼むなり自分で何とかして下さい」っていう感じで、要は「学習したりモノを学ぶっていうのは当然」という風潮を作らないといけないんです。

「できない人は不利になったりハンデを負うべきですよね?」っていうのが割とアメリカとか先進国の考え方なんですよね。なので「Web で申し込みしてください」「もし Web が使えないのであれば知り合い連れてきて自分で何とかして下さい」と。

でも日本の場合って「インターネットわかんねー!」って人がいると、インターネット分からない人でも出来るような仕組みにしましょう、郵送とか FAX とかっていうので。

要は勉強した人、学習した人が得をするんじゃなくて、勉強しなくても学習しなくても何とかなるっていう下に合わせることを基準としてるんです。世界の国ってみんな IT 化してて「 IT 便利だよね」っていうので、「スマホで何でも出来るよね」とか、じゃあ「オンラインバンキングは今時当たり前だよね」とか、どんどん IT 前提の社会になってるんですよ、先進国は。(発展途上国でも日本よりデジタル化が進んでいる国はあります)

オンライン化しても無くならない手数料

ところがどっこい日本の場合っていまだに銀行に行くと窓口で何かやるのが当たり前なんです。シンガポールとか外国の場合は「窓口に来てもいいけど来たら手数料めっちゃ取りますよ?」っていう感じなんですよね。

オンラインバンキングだったら振込0円とか200円、300円なんだけど、「窓口でやるんだったら5000円な!」みたいなことを割と外国の銀行ってやるんですよ。でも日本の場合は窓口でもオンラインバンキングでも手数料一緒にするんですよね。でも窓口って人件費が必ずかかってるじゃないですか。窓口の銀行員さんの給料があるので。で、じゃあ窓口の銀行員さんの給料っていうのをどうやって払うかと言うと、振込を窓口でやった人の手数料で取るんじゃなくて、本来コストがかからないオンラインでやってる人達の手数料から取るんですよ。

なので日本の銀行って他の銀行に振り込むと800円とか?手数料かかるんですよね、振込だけで。

別にそれって他の国だと、paypalとか、要はオンラインでお金を送る仕組みっていうのが割と普及してて、paypalでお金送るんだったら手数料かからないんですよ。っていう感じでお金を送ることに手数料ゼロ円でできる仕組みが割と他の国では普及してるんですけど、日本はそういうのが無い。

なのでせっかくオンラインで出来るようになっても手数料を払わきゃいけないみたいな。っていう感じで学習能力のない人達に基本合わせてるので、そこで手数料だったりコストだったりってのが発生して、「技術を発展させる必要ないよね」っていうことになってデジタル技術の進化が遅れていく、っていうのが日本のいつものパターンなのかなぁと思っています。