他人の不幸を喜ぶ人、あなたの周りにもいませんか?

マインド的な人間関係

幸せじゃない人は他人の失敗をよろこぶ

基本的には自分が幸せになるために人は生きています。自分が幸せじゃない人って他人を幸せにするのも難しいのと、他人の幸せを望むことが出来なくなるんですよね。

要は自分すげー苦労してるから同じ高校の友達とかが就職に失敗した話を聞くと幸せになるとか、「あいつコケければいいのに」とか、高校の同級生で芸能人が出たとかになると、「失敗すればいいのに」「落ちぶれればいいのに」みたいな足を引っ張ることを期待し始めるんですよ。

でも、それって周りの人が失敗しても自分は全く幸せにならないんですよ。さらに周りに不幸な人を増やせば増やすほど、周りの人が頼りにならなくなります。逆に周りが成功する環境にいるとめちゃめちゃ頼れるんですよ。

周りが成功していると、たかりやすい

僕は割と周りに成功してる人が多いので、「すげー腹減ったんで奢ってください!」って言うと奢ってくれる人100人以上はいると思うんですよね。連絡先持ってないけどw

別に僕がお金持ちである云々の前に、大学の友達とかでも「腹減ったからちょっと飲みに行かね?で、おごってくんない?」って言うと、たぶん大学の友達おごってくれると思うんですよ。っていう感じで割と就職して上手くいって家庭持ってるみたいな友達もいっぱいいるんで、「寿司マジ食いたいんだけど、どう?」って言ったら「まぁ久しぶりだし寿司くらいいいよ」って言ってくる人やっぱりいるんですよ。

これは成功した西村博之だからとか関係なくて僕は昔からそうなんですよ。高校生の頃も友達にたかってたし、大学生の頃も友達にたかってたし、それは周りの人が豊かだからたかれるんですよ。

僕、缶ジュース買わないって話は何回かしたことあると思うんですけど、本当にお金無かったからお金使わない生活してたので、周りの人が豊かだよねっていうのを周りの人も僕を見て思ってたんですよ。いつも同じ服着てるしみたいな。

なので「飯くれ」とか「泊めてくれ」って言うと大体誰でも許してくれるんですよね。それは彼らが豊かだからで、要は飯おごる金ないとか友達泊めようにも泊められるような部屋なんか無いよっていう人の家には泊めてもらえないじゃないですか。

なので僕は周りに幸せな人が多いので、そこにたかるっていうのが出来るので、周りの人が幸せになった方が、たかりやすいw

たかる為には周りの人が幸せであった方がいいので、僕は周りの人が成功するために協力しますよ。アドバイスしたりとか「こうした方がいいんじゃない?」とか。その後たかれるし。