日本の携帯料金は高いんです。フランスは・・ビックリですよ?

マインド的な

海外はandroidで、日本はiPhone

日本だけiPhoneのシェア率が何故か高いっていうのがあって。アメリカと日本がiPhoneシェア率高いんですけど、他の国って Android が売れてるんですよね。なぜ日本で iPhone がいっぱい売れてるかっていうとドコモと au とソフトバンクがアップルに対して「 iPhone これだけ買いますよ」っていう約束をしちゃってるんで仕入れちゃってるので、ただ同然でもばらまかないといけないんですよね。

なので、それなりに高い携帯電話なんですけどタダ同然でばらまくっていうのがあるので、ユーザーは「新しい機種買うよ!」ってなるんですけど、他の国って新しい iPhone が出ても別にいちいち買い替えないんですよ。

でも日本の場合って何故か新しい iPhone が出るとすぐ最新版に乗り替えるみたいな風潮があってお金が動いてるんですけど、残念ながら締め付けがどんどん強くなってるので、「 SIM ロックとかありえないよね」っていう締め付け。

囲い込みにはSIMロックが必要

要はSIMロックというシステムがあるせいで SoftBank で買った iPhone はそのままソフトバンクで使うしかないんですけど、 Apple で買った iPhone は転売もできるしドコモでもソフトバンクでも何処でも契約して使えるんですよ。

要はタダ同然でばらまいた iPhone を転売されるとソフトバンクとかの大手キャリアは損しちゃうから。ソフトバンクのような大手携帯キャリアは使い続けてもらって月額使用料で回収しようと思ってるのに、「無料でiPhone手に入れちゃった、はい、解約ー、転売しよ」ってなったらマズいんです。だから SIM をロックして何とかユーザーを囲い込もうとしたんですけど、「 SIM ロック制度良くないよね」っていう至極当たり前の話が総務省から上がって、菅政権とかも「携帯電話の月額料金高すぎじゃね?」って感じで。

本当はもっと安くできるんです。月額5000円は安くないですよ?

何で高いかっていうと月額料金の中に iPhone の本体代が含まれちゃってるんですよ。なので月額料金が高くなっちゃってるんですけど、実は別にそんな高くする必要ないよねっていう。

僕がフランスで使ってるFreeっていうキャリアは20ユーロだから2600円ぐらい毎月払ってるんですけど、50 GB でフランスから日本の固定電話にかけると通話料タダなんですよ。

で、アメリカとかヨーロッパとか基本的に先進国だと、ほぼ固定電話の通話料タダなんですよね。本来考えると IP 電話が普及してるので「今更通話料を取るってありえないよね?っていうのが割とヨーロッパの考え方だったりするんですよ。

今は通話にそこまでコストかかりません

 IP 電話でつないで、最後は基地局の電波を飛ばすから多少のコストは発生するんですけど、基本的に情報はどのように流れるのかっていうと、世界中インターネット経由で流れてるんです。

■IP電話とは
IP電話とは、IP(Internet Protocol・インターネットプロトコル)という通信方式を利用した電話サービスのことで、インターネットに接続して音声を届ける通話方法。

アメリカと日本の人がどうやって通話してるかって言うと、もう電話線なんか通してなくて IP 電話をつないでいて、 IP 電話でつないだ後の基地局から携帯電話の部分だけはキャリアを使うっていう形になってるので。本来通話料ってもっと安くなるはずなんですけど、でも皆さん他の国の状況知らないじゃないですか、日本の人って。

なので「月5000円払うの当たり前だよね」みたいな感じになって高止まりしてるので、「それは良くないよね」って菅さん頑張ってるんですけど。ただ菅さんの政権、長く続かないと思うので、ひょっとしたら総務省の縛りっていうのも緩くなるかもしれないですよ。