政治とは何か?政治の目的を簡単に説明します。変な期待はお門違いですよ?

世の中世の中の仕組み

まず、政治で経済は変えられません。政治で何とかできるのであれば世界中衰退する国はありません。要は政治って配分を決めるだけなんですよ。要は国として稼げる金額はこれだけです。で、それをどう配分するかっていうのを政治で決めるんですよ。

ただし、すげえ優秀な政治家が独裁した場合は国の売り上げが上がる場合があります。

例えばシンガポールのリー・クアンユーっていう超優秀で権力のある人がいたんですよ。

シンガポールの初代首相:リー・クアンユー

シンガポールは日本と政治体制が違う独裁国家だから上手くいく

で、その人が「シンガポールは金融として生きていこう」と決めて、金融としてある程度お金を稼いだ後に、アジアのヘッドクォーター、海外企業のアジア支店をシンガポールに誘致しようっていう形で、「外国企業のアジア支店をシンガポールに作ってもらおう」っていう政策をやってシンガポールは上手くいったんです。

それはリー・クアンユーっていうめちゃくちゃ優秀な人が国のシステムを作れる権限を持ってたから出来たんですけど、残念ながら日本ってすげえ優秀な人が権限を持つという構造にはならないようになってます。なぜなら大統領制ではないので。

なので国会議員の中で色々な所属の議員がいて、例えば「Go To トラベル大事だよね」って言い出す二階さんという人がいるので、「Go To トラベル止められないよね」みたいなことになって、色んな人たちの思惑のバランスを調整するのが日本の総理大臣の仕事になっています。

なのでバランス調整がメインで、みんながどうなるか分からないものに全額ベットするみたいな事を日本はできないんですよ。

政治じゃなくて“政治体制”が変わらないと無理じゃないかな

なので日本の政治体制である限り日本の衰退というのは変わりません。なぜなら日本というのは人口がずっと減り続けていて教育レベルも下がってるから。

平成までは子供の教育レベルってずっと上がってたんですよ。親は高卒だけど子供は大卒みたいな感じで、教育レベルはずっと上がり続けてたんですけど、残念ながら最近大卒の子供が高卒みたいな形で教育レベル下がってるんですよ。

なので子供が増えることと教育レベルが上がることっていう両方もしくはどっちかが成立してれば、まだその国って発展の余地があるんですけど、日本は残念ながら人口も減って教育レベルも下がってるので日本全体が何とかなるということはまずありません。