年収300万のあなたは超優秀のエリートです。相対的じゃなく絶対的に考えると幸せになれますよ。

マインド的なお金の話

比較対象で変わる300万の世界

あんまり日本の人って知らないと思うんですけど年収300万って世界トップ数%のエリートなんですよ。日本の中で比較すると「300万の俺ってエリートじゃないよね」みたいな感じになるんですけど。例えば地方で役所に勤めるとエリートなんですけど、役所の給料って年収300万ちょっとなんですよね。

なので幸せを感じるかどうかって割と相対的な周りとの比較で決まったりするんですよ。相対的な周りとの比較で決まるって事は、実は自分がどう思うかで決まるっていうことなんですよね。

例えば「お湯触ると熱い」とか「氷触ると冷たい」って絶対的じゃないですか。本人の主観じゃない。冷たいものは冷たいんだから。

でも幸せかどうかって周りと比較してどうか?っていうことなんですよ。年収300万でも周り全員が年収200万だと「俺、給料高いじゃん!」みたいに思うんですよ。でも、例えば年収800万でも周りのみんな年収2000万だと「俺金ないわ」と思っちゃうんですよ。

本当に絶対的に必要な額から計算してるわけじゃなくて、周りと比較してお金があるかないかって人は言ってたりするんですよね。

あなたの幸せコストはいくらなのか?

そこの周りと比較するかどうかは置いといて。「自分が幸せに感じるためには何が必要か?」で、「それに対してのコストっていくらなの?」っていう感じで逆算して考えると「実は俺もう働かなくていいよね」っていう人、結構いるんですよ。

なので、お金と時間がある人って、すごいエリート層の有閑階級っていうふうに考えるんじゃなくて、「自分にとってのお金って、ここまででいいよね」っていうのが分かるだけで働かなくてよくなるから、結構かんたんにお金と時間のある人になれるんですよ。

ただ自分の好きなものが超絶お金かかるみたいな「車の改造が好きです!」みたいな人だとお金すげーいるので、一生懸命お金稼ぎ続けないと「楽しい!」っていう趣味を満たすことができなくなるので、そこはちょっと難しいですけど。