若者に「選挙行って政治変えよう」と言う人は嘘つきです。

世の中世の中の仕組み

若者に投票を勧める人は、だいたい嘘つきですよ。「政治を変えたいんだったら投票に行くべきである」みたいなことを、若い人向けに書いてる人とか言ってる人って結構いると思うんですけど、基本的にその人は嘘つきなんですよ。例えば20歳から39歳までの若い人たちが全員投票に行きました。若者が全員投票に行ったとしても40歳以上の人が大体40%ぐらいが投票に行くと勝てないんです。

>>若年の意見力は団塊の4分の1にも満たず…投票者ピラミッドの実情をさぐる(yahooニュース)

40歳以上の投票率って基本的には5割近いので、そうすると20歳から39歳の人たちが全員毎回投票に行ったとしても高齢者には絶対勝てません。

ちなみにこれは僕の意見とかじゃなくて日本の人口がそういう比率だよって話なので興味がある人は日本の人口調べてみてください。

なので「政治を変えたいんだったら選挙に行くべきである」って言ってる人って僕みんな嘘つきだと思ってるんですよ。老人が老人に言うのはいいんですよ。高齢者にウケる政治を選びたいんだったら高齢者は選挙に行くべきだよね~って正解です。その通りです。

高齢者の思う通りの政治家が受かって、高齢者の思うような政治がされると思います。でも若者がどれだけ選挙に行ったとしても若者ウケを狙う政治家だったり政策というのが実現されることはありません、残念でした。っていうのをちゃんと調べればわかるんですけど、なんか若者が選挙に行くと社会が変えられるみたいな嘘をつくのって僕、良くないと思うんですよね。

結局、若者が投票に行かなかったから高齢者好みの政治になってるだけで若者が悪いっていう、裏返しになる気がするんですよ。

若者が悪いわけじゃないんですよ。だって若者が全員投票したって勝てないんだもん。要は若者が全員投票したって勝てないっていう事実がありながら、若者が投票しに行かないから若者向けの政策がうまくいかないんだ~みたいな。そういう嘘のレトリック(巧みな表現をする技法)を使うのって僕どうかと思うのですよ。なので若者投票進める人はだいたい嘘つきだと思ってるので、まぁ思ってるというか事実だと思います。