寒い国は男女平等なんだよね。で、離婚率も高いと。

世の中世の中の仕組み

ある種の文化って傾向があるので、その傾向は割と当たるんですよね。例えば北海道だと離婚率が高くて、女性がお酒を飲む割合とかタバコを吸う割合が高いっていうのがあるんです。

で、もともと北海道って古くからある家庭ってないんですよ。地方だと何百年も続いてる旧家みたいなものがあって、その家のルールに従って長男は家を継ぐ、みたいなものがあるんですけど、北海道ってなんだか言って明治維新以降に屯田兵として来た人たちが、家建ててたりしてるので、その家の伝統みたいなものがそもそもないんですよね。

ロシアも割と男女平等なんです。ロシアとか北欧のスウェーデンとか雪が深い地域って男女平等になりがちなんですよね。まず、雪かきしなきゃいけないから誰でも仕事をしなければいけないので。

沖縄だと人が働かなくてもダラダラ暮らせるんですけど、雪国はそもそも人がそんなに多くないから、どんな人の労力でも使わないと雪かきすらもできないんですよ。

食べ物を運んでくるとかも誰かの手を借りなきゃいけないので、男でも女でも子供でも「全員、働け~!」ってなるので、女の人でも仕事が見つかりやすいんですよ。

「男は仕事見つかるけど女は見つからない」みたいな差別がないんですよね。まぁススキノとかもあるので、とりあえず若ければすぐ稼げるっていうのもありますが。旦那がムカついたらすぐ離婚するとか、何か嫌なことがあったからすぐ酒を飲むとか、別に女性だからって「タバコを吸うのはいかがなものか?」とか言ううるせえ旦那だったら、さっさと離婚する、みたいなのがあって。

なので寒いと女性が自由だったりするんですよね。これが県民性って言われたりするんです。地域によって、その地域ができた歴史というのがあって、その歴史によって、人の考え方が変わったりするので。もちろん全員が全員そうっていうわけじゃないですけど、そういう傾向があるよねって話です。