生命保険に加入してはいけない理由。信用しすぎw

知らないと損する話お金の話

日本は国の社会保障が優秀なんです

もしもの時というのが、どういう時になるかなんですけど。日本の場合って高額医療費制度っていうのがあって、すげー高い治療費がかかった場合って一定額払えばそれ以上払わなくていいよって仕組みがあるんですよ。

公的医療保険における制度の1つで、医療機関や薬局でかかった医療費の自己負担額が、ひと月で一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度です。高額療養費制度では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

ソニー損保

その制度を使っても「毎月毎月それでも払えません、だって僕の年収100万円だもん」みたいになっちゃうと生活保護取れるんですよね。要は医療費が高すぎちゃってもう生活できませんってなると、じゃあ生活保護でーすってなるので、そうすると医療費タダなんですよね。東京都内だと生きてるだけで毎月15万とか13万とか貰えるんですよ。家賃込みで。なので民間の生命保険に入らなければいけないような状況って、すごく特殊な病気で厚生労働省が治療として認めていないけども効果があるかもしれない治療っていうのをやるときに生命保険会社がそのお金を出してくれるパターンっていう。

厚生労働省的には「これ効くかどうかわかんないから保険適用されません、ただ2千万円かかります」っていうので、それを生命保険会社が認めてくれる場合は2千万円保険から出るんですけど大体そういう謎の治療って生命保険会社も認めてくれないんですよ。

国の制度でだいたいカバーできます

芸能人の人とかで癌になって特殊な治療した人とかいるじゃいですか。金の棒で顔を叩くみたいな謎のなんか癌の治療みたいで。ああいうのって本人治ると思ってても残念ながら生命保険会社はOK出して金くれないんですよ。なので医学的に「これは効果があるな」と言われていて生命保険会社がお金を出してもいいよという病気っていう、かなりレアケースの時だけ可能性はあるんですけど、ぶっちゃけほぼないんですよね。

医学的に効果があるのであれば厚生労働省が何年か経つとだいたいお金出すようになってくるんですよ。

癌の治療に効くって言われてるやつで、自腹で払うと年間6000万円ぐらいかかるやつがあるけど、でもそれって普通の健康保険入ってるとお金払わなくていいんですよね。その年間6000万円分の治療っていうのを受けられるんですよ。八十歳の人がその治療を受けてどうなるかっていうと5年生存率が上がるので、なんか八十歳の人がそれを受けると85歳までぐらい生きられるよねーみたいになるんで。5年間寿命が伸びるよねってなるけど、そのために6000万×5で3億円ぐらいかかるんですけど、それ税金で払ってくれるんですよね。

なので民間の保険に入る必要ってあんまりないんですよね。

生命保険会社を信用しすぎw裁判めっちゃありますよ?

先進医療特約っていうのがあるんですけど。先進医療特約にその医療が認められるかどうかは生命保険会社が決めるんですよ。なので先進医療として生命保険会社が認めないと結局払い損になるんですよね。

で、あのー皆さん生命保険会社を信じすぎなんですけど、要は自分が治療したいという時に生命保険会社がお金を出してくれなかったっていう裁判めちゃめちゃやられてるんですよ。生命保険に入ってたら自分が病気になった時にお金払ってくれるだろうと思って生命保険入るんですけど、いざ病気になった時に「いや、お前の病気じゃ払えねーよ」みたいなこと言ったりするっていうこと、生命保険会社やりがちなんですよ。

そこで裁判になるんですけど、病気になった状態で命保険会社と裁判するみたいな、かなり不利な事しなきゃいけないんですよね。もう体力もないから。生命保険会社って色んな証拠とかだして、どんどん時間経過させて、気がついたら死んでるみたいな。生命保険会社勝ちーみたいなになったりするんですけど。

っていうのになるくらいだったら「生命保険会社にお金払わないで自分でお金貯めときゃいいんじゃね」って思うので、僕は生命保険会社に入る必要はほぼないと思ってます。

ただ車両保険は入ったほうがいいですよ。自動車とかの。要は自動車でおじいちゃんとかはねちゃうと、なんかそのおじいちゃんがたまたま画家でなんかすげー優秀な人だから損害賠償2億円ねーみたいになっちゃったり、それは払えないともう破産になるしかないので。というのがあったりするので車両保険は入ったほうがいいと思います