日本の不動産投資はオススメしません!東南アジアに勝機あり!

知らないと損する話お金の話,世の中の仕組み,成功する方法,日本,海外

Q.今年19になります。高校時代にWeb制作やアフィリで稼いだお金を使う道もなく貯金をして、余ったお金をビットコインの投資で遊んでいたら1000万以上貯まってしまいました。ここから質問です。これからカナダに留学する予定なのですが、4年後に東南アジアで不動産投資しながら死ぬまでダラダラ生きていたいです。4年後の日本は不況の影響で東南アジアに流れてきて不動産で稼ぐのは難しくなってくることなど考えられますか?よければアドバイスください。

東南アジアは人口バブル状態(まだまだ続きます)

東南アジアだったら全然問題ないと思います。なんで問題ないかっていうと東南アジアは人口が増えていて経済成長中だからなんですよね。

まぁ東南アジアにも色々あってミャンマーとかだったら止めといたほうがいいんですけど、基本的に人口が増えてる国って売り上げがどんどん増えていくんで、会社の売り上げも増えるし人も増えるから不動産を持ってると「借りたーい」って人もいるし「欲しーい」って人もいるし、どんどん需要が増えてくるんですよね。

で、例えばクーラーが各家に無い地域なら、経済が回ってくると今度は「クーラー買いまーす!」って言って、家にどんどんクーラーが設置されだして、そのあと「車欲しい!」って言って車を買ったりで、どんどん投資が増えるんですよね。で、投資をして売上が上がって、売上がある会社だからどんどん投資が来て、また子供がバンバン生まれて、人口が増えて人口ボーナスっていう。

昭和の時代の日本にも、その人口ボーナスはあったんですよ。「めっちゃ儲かるよね!」っていう時代があったんですけど、終わっちゃったんですよね。で、現在東南アジアは人口ボーナスの真っ只中なので、今不動産投資しても4年後は全然問題なく回収できると思います。

なので東南アジアに投資することはいいんじゃないかなと思います。逆に日本の場合って人口が減っちゃってるので、今の話と全く逆のことが起こるんですよね。子どもがどんどん減ってるので毎年毎年いろんな会社の売上が下がるんですよ。

日本の不動産投資は今後厳しい

だって人口が減ってるんだもん。で、どんどん人口が減ってるので家を借りる人も減ります。要は人が増える量より人が減る量の方が多いので、どんどん人が減っていくので空き家が増えるんです。空き家が増えるから家賃をどんどん下げていかなければならないし、家賃が安いんだったら別に家買う必要ないよねってなって、家を購入する人が減るんですよ。

で、家を買う人が減るから不動産価格が下がるよねっていうのが、ここ20年以上は続くと思うんですよね。

何でここ20年以上続くっていうのが断言できるかって言うと、今年子供産んだ人がいたとして、その子供が社会人になって金稼げるのって20年後なんですよ。20年先までの日本の人口がどうなるかっていうのは、もう予測可能なんですよね、今年の段階で。

ただ、来年みんながみんな子供をバンバン産みまくって21年後にめちゃめちゃ人口増える可能性がゼロではないんですけど。

一人子供産んだら1000万円あげちゃったらいいんじゃね?みたいなことを僕よく言うんですけど、「子供産んだら1000万円あげます!」とかになると多分来年の人口は急激に増えると思います。まぁ仕込みもあるので来年か再来年かわからないですけど。

っていう感じで突然増える可能性はあるんですけど、まぁ多分それはないよね。なので日本の不動産に投資するぐらいだったら東南アジアの方がいいんじゃないかなと思います。