アメリカが日本を植民地にしなかった理由

世の中世の中の仕組み,海外

ロシアと戦う時の壁にできるからなんですよね。日本海もあって島国なので都合がいいんですよ。ロシアとアメリカが戦う時に日本がアメリカの領土だとすると、日本に攻撃をされた場合、ロシアと戦わなきゃいけないじゃないですか。でも「日本はアメリカじゃありません、別の国です。でもアメリカは日本をコントロールしてます」ってなると日本人が死んだとしてもアメリカ人が死んだわけじゃないから、ワン・クッションを置いた状態でロシアに攻撃できるんですよ。

たとえば政治的にロシアが先制攻撃をして「アメリカ人が死にました」ってなるとアメリカ大統領はめちゃくちゃ責められるんですよ。

でも「日本人が死にました。なので同盟国である日本を守るために、アメリカはロシアに攻撃します」であれば大統領的には何のダメージも無いし、むしろ「行け行け~」ってなるんですよ。なのでロシアとの壁という形で日本っていう島が必要でしたと。

今はロシアじゃなくて中国とアメリカっていう対立なんですけど、中国のめちゃめちゃ近くに日本っていうアメリカの同盟国があるんですよ。めちゃめちゃ近いから日本からミサイル撃ったら中国にガンガン撃てるじゃないですか。

中国からアメリカ本土には撃てないけど日本には撃てる。というので、まず中国がアメリカと戦おうとしたら日本を攻撃するよね、という状態で北朝鮮もそうなんだけど。

ということがあるので、日本っていうポジションはすごい美味しいので、「これ独立させた方が得だわ」っていう計算が立ったんです。

アジアでいうと占領された感なかった国っていうのでタイっていう国があるんですけど、タイもめちゃくちゃ強かったとかじゃなくて、ベトナムとかインドネシアとか中国とか色々と植民地が、西洋の国がいろんな東南アジアの国の植民地を作って、「これ国境、繋がったらお互い揉めるよね」と。なので「間にあるタイだけは、ほっとこう」と。「タイを占領しないでおくと、お互い国境触れないから揉めなくてすむよね。なのでタイだけは攻めないでおこうね」っていう、たまたまいいポジションにいたんですよ。なのでタイは王政ってのが続いているんです。

っていうので日本やタイは地政学的に他の国が攻めないほうが得だよねっていう所にあったから植民地化されなかったんです。まぁアメリカには占領されたんだけどね、日本は。