歴史が証明した避けるべき食習慣とは

知らないと損する話身体

必要な栄養素はまだよく分かっていない

栄養をサプリメントを取ればいいんじゃないかって人いるんですけど、人間が必要としてる栄養分を人間が理解できるほど人間って賢くないと僕は思っています。例えば亜鉛とか鉄とか金属が人間が生きるうえで必要であると分かったのって、ごく最近の話なんですよ。

ビタミンKとかっていうのも見つかったのって戦後の話で。人間って生きるためにこれ必要だよねっていうのが実は分かってなかったりするんですよ。

なので幅広い食品を食べて色んな栄養素を体に入れましょうっていう。人間の血液の中にカドミウムとか入ってるんですよ、本来有毒なんですけど。なので何が本当に重要なのかよく分からないので幅広く食ってるほうが人間で長生きするっていうのがあったりするんですよね。

色んなものを食べればいい

人間がまだ原始人で畑を作る能力がまだない頃の人類の平均寿命って50歳~60歳だったんですよ。獣を捕らえて肉食ってみたり、果物生えてたら果物食ってみたり、木の実がなってたら木の実食ってみたりとか、何もなかったら植物掘って根っこかじったりとか色んなものを食べてる雑食だった時代っていうのが、平均寿命50か60とかあったんですけど。

農作っていうのを始めて畑のものばっかり食うようになって平均寿命って40まで下がったんですよ。人類学的に証明されてることなんで興味ある人は調べてもらえばいいと思うんですけど。

パレオダイエット(旧石器時代食)

旧石器食事法の考え方は、人間の遺伝学性質が農業が始まった頃(およそ1万年前)からほとんど変わっていないという考え方に基づいている。この考え方は進化論医学のテーマの一つである。パレオダイエットでは、現代人も旧石器時代の先祖の食生活を遺伝的に受け継いでいると考える。そのため、健康であるための理想的な食事法は、我々の旧石器時代の先祖と同じような食事をとることであると考えている。

Wikipedia

同じもの食い続けるのって実は人間の体にとって良くないっていう。人間に必要な栄養素は何なのか、いまだに実はよく分かってないので、僕は色んな物を幅広く食うっていう習慣は付けてます。八百屋に売っている見たことのないものは、とりあえず買って食べてみるっていうのを個人のルールとしてやっています。

身体