人生を変えたいなら、寝たほうがいい

知らないと損する話成功する方法

生き物は眠たくなったら寝ます

赤ちゃんって眠い時寝るんですよ。生き物って基本眠くなったら寝るんですよね。眠くなったのに寝ない、お酒を飲む、タバコを吸う、辛いものを食べるっていう体に悪いことを始めるのってだいたい中学ぐらいの理性がついてからなんですよね。

要は本能って辛いものは危険だから食べるなとか、臭いものは危険だから食べるなとか、本能に従っていくと体が健康な状態になるんですよ。

僕は割と本能に逆らわないですよ。今日、日本時間の9時ぐらいからミーティングがあって12時半ぐらいから別件のミーティングがあったんですけど12時ぐらいまで起きなきゃと思ってソシャゲとかやってるうちに寝ちゃって、気が付いたら深夜3時だったっていうのがあったんですけど。

わりと僕は眠いと寝てしまうんですよ。理性でそれを乗り越えることにメリットをあまり感じないんですよね。眠い時に寝た方が体調いいですよ。

寝たほうが長期的に見てメリットが多い

多くの社会人って寝ない理由が仕事なんですよ。仕事のために寝ないとかってやるんですけど、仕事って結局お金をもらうためにやる場合がほとんどじゃないですか。お金のために寝ないっていうのであれば、それは長期的に損すると思うんですよね。

まあ単純作業は別ですよ。ひたすらライン工みたいなので、誰がやっても同じことをやるっていうのであれば、寝ようが寝てまいがパフォーマンスは変わらないんですけど、ただパフォーマンスが変わらない仕事は1年間続けても給料増えないですよ。

なので、その仕事は今すぐやめるべきです。「時給がいいから続けてお金貯めてまーす」っていうなら、お金貯まるまでやればいいと思うけど。人生長い間、時給が上がらないような仕事をずっとやり続けるのは良くないと思うんですよ。

量と質でいくと大抵の人生って重要なのは質なんですよ。結局、人間の時間って限られてるんです。仕事やる場合ってちょっとずつ給料だったり売上が上がるようなことをしたほうが良くて、その場合、能力が高くなったりとか成果が上がるようなことっていうのをちょっとずつ積み重ねることで単価が上がったり、勤務時間が短くなって得したりってなるんですよ。

なのでそういう形で、どう頭を使って改善していくかっていうのやらなきゃいけないんですけど、頭を使う行為って寝てないと効率悪いですよ。

もちろん寝てなくても頭は回るんですけど寝てるほうが頭が回ります。これ多分ね反論はないと思うんですよね。

寝ないで納品した結果、納品してくれたからお金払うし、ありがとうって感じなんだけど、そんなにいい絵じゃないし面白くないよねってなって長期的な評価でいくとあんまり評価には結びつかない可能性があるんですよね。「この人に2倍のお金払ってやってもらおう」とは思わないよねみたいな。なので長期で考えると、ちゃんと寝て遅刻したほうがいいと僕は思います。